ED治療薬として人気のシアリスは高いと思っている方は多いと思います。少しでも費用を抑えるにはシアリスのジェネリックを使ってみるといいですよ。こちらではジェネリックの効果や購入方法を教えます。

シアリスは世界で3番目に開発されたED治療薬です。

他の2種類のED治療薬に比べると服用からの効果が持続する時間が長く、36時間も継続すると言われています。

また、他の薬が食事と一緒に飲むと食事の中の栄養素を血液中に吸収するのと薬の成分を吸収するのを同時に行うため効率はあまり良くないと言われていましたが、シアリスは食事の影響をあまり受けないという特徴もあります。

長時間作用が継続することからウィークエンドピルと呼ばれるようになったシアリスは、性行為に焦らなくても良いことや副作用がマイルドなことなどのメリットがあるために多くの人に受け入れられるようになっています。

ただシアリスを使うとなると悩ましいポイントになるのがその価格で、自由診療であることもあって1錠2000円前後する高価な薬です。

効果時間が長いために他の薬と比べるとコストパフォーマンスに優れることも多いのですが、毎週使うとなると月に8000円近い出費となります。

そうした出費に頭を悩ませている人が知るべきなのがタダシップなどの「シアリスのジェネリック」の存在です。

シアリスのジェネリックの価格

小銭入れ

安く効果のある薬が欲しいという人に人気なのがジェネリック薬です。

シアリスにもジェネリック薬が販売されており、シアリスが20mgの錠剤1錠で2000円~2500円程度するのに対し、ジェネリック薬の価格は1錠あたり半額~9割引き程度の900円前後~300円前後の値段で購入することができます。

通販で購入する場合には複数錠での購入となるため、実際には1箱あたりに換算すると3000円程度からの販売となっています。

シアリスのジェネリックの種類

薬と葉

シアリスのジェネリック薬は沢山の種類が販売されていて、15種類以上もの商品があると言われています。

さまざまな名称になっていますが、シアリスの有効成分である「タダラフィル」が使用されているものがシアリスのジェネリックと呼ばれるものになります。

現在、日本国内のメーカーではシアリスのジェネリックは販売されていません。

正確に言えばシアリスの特許がまだ有効であるために他の製薬会社が勝手に使えないということなのですが、ともかく日本国内でジェネリックの許可が出ていない以上、通常の調剤薬局などで入手するのは不可能となります。

新薬の特許によってタダラフィルを含んだ製品は本来製造できないのですが、新薬の特許が世界の他の国とは違うインドだけが、製造方法が違えば有効成分であるタダラフィルを含んだ薬を製造することが可能なのです。

タダシップもインド製のシアリスのジェネリックであり、タダシップのED改善効果はシアリスと同等程度だといわれています。

シアリスのジェネリックはネットで購入可能

ネットショッピングのイメージ

このことから、シアリスのジェネリック薬はインドで製造されたものを日本国内から個人輸入するという形になります。

インドの場合は特許が有効でないためにシアリスのジェネリック医薬品も製造販売されていて、そのインドのシアリスのジェネリックをネットでならば容易に入手する事も可能となっているのです。

シアリスを購入したいが価格が高いので安く購入する事が出来ないのかと考えている人は、ネット通販で探してみるのも一つの手です。

その際の注意点としては、偽薬も出回っていますので、SNSなどのネット上での個人同士の取引き等は避け、安心できる個人輸入代行業者(通販サイト)から購入することが重要になります。